唐突にカン太週間




「あっ カンちゃんだ!」
「お、ルーシェちゃんか。元気してるかい?」
「うん!いつもどおりだよ〜」







「その髭早く剃ってもらえます?」
「はは 相変わらずサンちゃんは手厳しいなあ」






「あ、諒子ちゃん。この辺で、のづ見かけなかったかな」
「……(指差し)」
「ん?ああ、あっちか。ありがとう」
(こくん)






「ジフトさんはいつも皆さんに優しいんです」
「そっか。……俺が言うべきじゃないと思うけどさ、これからも宜しくしてくれるかな」
「!はい、勿論です…っ」






「あの…っカンタ様!」
「ん、ジフト。どうした?」
「あの…っもし、もし時間があれば稽古をつけてもらいたいんですが…!」






「おおー!もにゃ!大きくなったなあー、元気してたか?」
「……はい。」
「(昔はもう少し話してくれたんだけどなあ…)」






(おっぱい…) じっ
「…??; ごんべくん…?」